読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEGINNER

ジャニーズに浪漫を求めて生きています。

おすすめのジャニーズアルバムを紹介します(前編)

そのまま、ズバリ。

私の好きなジャニーズグループのCDアルバムを紹介します!

デビュー順に。

 

Voyager / V6

このグループと言ったら、コレ!がハッキリ決まっていた一番上は、V6。これは2007年発売、ちょうど10枚目のアルバムだ。シングルA面では『HONEY BEAT』『ジャスミン』などが入っていて、全体的に優しい音で前向きに歌ってくれる、今よりは少し青いところのあるような1枚。

表題曲の『Voyager~ボイジャー~』が一番のオススメ。力強い歌詞の中には10枚分の歴史と、まだスタートなんだってその先を思わせる貪欲さ、まるで青春みたいに力を合わせちゃうキラキラも残っている。WESTデビューのときに聞いて泣いてた。

ラストの『ハジマリ』なんかも、情景が見えて切ない。「やがて来るその時を忘れるよう、くだらない会話を続けていた」でも別れの先には、やっぱり未来が見える。

 

K album / KinKi Kids

少し個人的な思い入れもあるかもしれない。高校生のころ、初めて遠征したツアーで、初めて何回も入ったツアー。

『Family~ひとつになること』や『Time』が入っていて、やはり壮大さを感じる楽曲は多い。「K」なので満を持した作家陣が揃っている(そういうところに拘るふたりだ)。その一方で、急に現実的な歌詞が聞こえてきたりするのも面白いところ。アルバムのまとまりより個々の楽曲の才能を意識した結果だろうか。

危険な関係』『きみとぼくのなかで』といった“キンキキッズ”を意識させる曲と、『同窓会』『いのちの最後のひとしずく』のように大人になりすぎた気配を、アイドルらしさのないマイナーな声が交互に奏でるミスマッチが、多分くせになる。

 

FIGHT / 関ジャニ∞

このあたり詳しくないので、少し飛ぶ。エイトは最新の「関ジャニズム」もすごくよくて迷ったけれど、やっぱりコレ。

シングルは多いけれど『ツブサニコイ』『マイホーム』『365日家族』などなど、ドラマ主題歌だらけ。恐らく、もうひと押しの勢いがついたころかと思う。その勢いを象徴するように、ロックというよりファンクというのか、力強い音が多い。

イチオシは『フリーダム理論』というスキマスイッチの提供曲で、「究極は世界を閉じる瞬間に笑っていられればいい」という歌詞があの頃スッと隙間に入ってきたまま、まだ胸の奥にある気がする。

 

 

 つづく!